ガルタイト鉱業

ドラえもん のび太の宇宙開拓史(アニメ映画)に登場する企業。読みは「がるたいとこうぎょう」。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
ドラえもん のび太の宇宙開拓史(アニメ映画)
正式名称
ガルタイト鉱業
ふりがな
がるたいとこうぎょう

総合スレッド

ガルタイト鉱業(ドラえもん のび太の宇宙開拓史)の総合スレッド
2016.01.25 12:30

概要

コーヤコーヤ星を形成する殊な鉱石をあつかっている。採掘のためには強引な地上げや環境汚染をためらわない悪徳企業。死傷者まで出す暴力的な地上げ行為でロップル一家をはじめとする開拓民たちを苦しめ続けていたところ、ドラえもんたちの介入を受けて返り討ちにあう。

登場人物・キャラクター

遠い宇宙の彼方にあるコーヤコーヤ星に暮らす開拓民の少年。宇宙船でワープ航法をおこなったさい、船の一角とのび太の部屋がつながったのを機に、のび太と出会って厚い友情を結ぶ。父親は宇宙で事故に遭って死亡した...
キャラクター紹介22世紀からタイムマシンでやってきたネコ型ロボット。元々のび太の玄孫であるセワシに仕えていた子守用ロボットだったが、成人後ののび太の数々の不始末がもとで、一家は困窮。その過去を改変すべ...

関連キーワード

ロップルの亡父が発見した星。人口過密を迎えた他星の人々が移り住み、開拓に励む入植地の1つ。春には洪水で肥えた土が流れ出る農業向きの環境。星は反重力を生む特殊な鉱石で形成されており、採掘をもくろむガルタ...

登場作品

宇宙の彼方、コーヤコーヤ星の少年ロップルの宇宙船がワープしたさい、空間がねじれて船の一角と地球の小学生・野比のび太の部屋の畳の下がつながってしまう。のび太は未来からきた猫型ロボットのドラえもんと共にコ...