ガ一号

ガ一号

超兵器ガ壱號(漫画)の主人公。読みは「がいちごう」。別称、ガリバ。

登場作品
超兵器ガ壱號(漫画)
正式名称
ガ一号
ふりがな
がいちごう
別称
ガリバ
関連商品
Amazon 楽天

概要

巨大な体躯の異星人。昭和20年3月に搭乗していた円盤が大隅諸島の小島に不時着し、倒れていたところを日本軍に発見される。軍部は彼を対米軍用の超兵器として使えないかと発案。「ガリバ」の名前を伝えたことからガ一号と命名される。海堂敏明陸軍少尉の努力によって互いにコミュニケーションが可能となると、大東亜共栄圏の理念に共感。

自ら進んで戦線に参加する。そして携行していた宇宙服と光線銃の性能も手伝って武勲を重ね、ついには広島・長崎への原爆投下を阻止。そればかりか、単身アメリカ本土へ接近してサンフランシスコとロサンゼルスに原爆を投げ返し、日本を勝利へと導いた。

円盤の故障が直った後も日本に留まることを希望するが、それが受け入れられないことを知ると潔く自決をしようとする。しかし、そのとき故郷の星から救援が現れ、「チビ」と軽々しく扱われていたことが判明。それゆえ、「帝国最大の軍人」と讃えられた「最大」の部分には特別な喜びを示していた。

登場作品

超兵器ガ壱號

藤子・F・不二雄によるSF短編の一作。ガリヴァー旅行記を下敷きにした設定で、第二次世界大戦中に巨人が日本兵としてアメリカ軍と戦う、「もしも」の世界が描かれる。 関連ページ:超兵器ガ壱號

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

関連人物・キャラクター
海堂 敏明
logo