キアウィトル

キアウィトル

貴人の大祭(ウェイ・テクイルウィトル)(漫画)の主人公。別称、風霊王。

登場作品
貴人の大祭(ウェイ・テクイルウィトル)(漫画)
正式名称
キアウィトル
ふりがな
きあうぃとる
別称
風霊王
別称
テスカトリポカ
別称
ケツァルコアトル
関連商品
Amazon 楽天

概要

マヤ テワカン族の少年で、額に太陽を思わせるあざがある。そのため、テスカトリポカの化身に選ばれ、1年間の歓待を受ける。アステカの都テノチティトランに来たときに知り合ったショチトルが世話女となると、彼女と愛し合うようになる。1520年の大祭で生贄となって、風霊王の意識を取り戻す。

そこで対面したテスカトリポカの正体は地霊王であり、白い羽の蛇神ケツァルコアトル風霊王だと知らされる。地霊王に地下界へと引き込まれそうになりながら、テスカトリポカの妻になるべく祭壇に向かうショチトルに呼びかけ、彼女が地霊王の妻になることを阻んだ。

登場作品

貴人の大祭(ウェイ・テクイルウィトル)

1519年、マヤ テワカン族の少年キアウィトルはアステカ族の捕虜となり、黒い太陽神テスカトリポカの化身に選ばれる。アステカの別部族の奴隷ショチトルは彼の世話女として仕えることになった。キアウィトルとシ... 関連ページ:貴人の大祭(ウェイ・テクイルウィトル)

SHARE
EC
Amazon
logo