キシリア・ザビ

キシリア・ザビ

機動戦士ガンダム THE ORIGIN(漫画)の登場人物。デギン・ソド・ザビとは親族関係にある。

登場作品
機動戦士ガンダム THE ORIGIN(漫画)
正式名称
キシリア・ザビ
ふりがな
きしりあざび
関連商品
Amazon 楽天

概要

月面基地グラナダを本拠とするジオン突撃機動軍総司令官。階級は少将。デギン・ソド・ザビ公王の長女。ギレン・ザビ総帥、ドズル・ザビ中将の妹。ガルマ・ザビ大佐の姉。諜報機関・キシリア機関の長でもあり、ジオン軍内部の綱紀粛正を行う役目を担っている。

乗艦はチベ級重巡洋艦パープル・ウィドウ。戦場では顔の下半分をマスクで隠すことが多い。キシリア・ザビは知略に長けた策略家であり、兄ギレン・ザビをもしのごうとする野心家である。そのために父デギン・ザビ、兄ドズル・ザビ、弟ガルマ・ザビを利用することもいとわず、血も凍るような策謀をめぐらせていく。

次兄サスロ・ザビの暗殺に関与していたとの噂すらある。地球連邦軍ティアンム艦隊がソロモンを襲撃した際、ソロモン陥落後のギレン・ザビとの勢力争いを考慮し、援軍を遅らせることで間接的に兄ドズル・ザビを死に追いやった。その後、密かに父デギン公王と面談し、レビル将軍との和平交渉へと向かわせる一方で、ソーラ・レイの照準上にデギン公王が向かった情報をギレン・ザビにリーク。

思惑通りギレン・ザビはソーラ・レイ発射を命じて、デギン公王をレビル艦隊もろとも謀殺した。デギン・ザビによる公王殺しの証拠を握ったキシリア・ザビは、ア・バオア・クーの中央司令室で兄を非難し後ろから射殺。

ギレン・ザビ総帥にかわってジオン軍の総指揮を執ることを宣言した。しかしア・バオア・クーで捕虜になった後、自身がアルテイシア・ソム・ダイクンであることを明かしたセイラ・マスに同調するジオン軍兵士たちが一大勢力を作ったこともあって指揮系統は混乱。キシリア・ザビはグラナダへの撤収を宣言する。

だがその後、パープル・ウイドウに乗艦したところをシャア・アズナブルのバズーカ砲により狙撃され、頭部を粉砕されて死亡した。

関連人物・キャラクター

デギン・ソド・ザビ

ジオン公国公王。ギレン・ザビ、サスロ・ザビ、ドズル・ザビ、キシリア・ザビ、ガルマ・ザビの5人の子を持つ。デギン・ソト・ザビはジオン・ズム・ダイクンの側近であったが、その死後スペースコロニー・サイド3ム... 関連ページ:デギン・ソド・ザビ

関連キーワード

ジオン公国

『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』に登場する国家。地球からもっとも遠いスペースコロニー・サイド3を中心とする宇宙国家。その前身はムンゾ自治共和国でジオニズムの提唱者ジオン・ズム・ダイクンが国家... 関連ページ:ジオン公国

登場作品

機動戦士ガンダム THE ORIGIN

人類が、増えすぎた人口を地球の周りの数百基の巨大なスペースコロニーに移住させるようになり、すでに半世紀がたっていた。宇宙世紀0079年、地球から最も遠い宇宙都市、サイド3はジオン公国を名乗り、地球連邦... 関連ページ:機動戦士ガンダム THE ORIGIN

SHARE
EC
Amazon
logo