キメラドーベル・バルタ

CYBERブルー(漫画)の登場人物。ブルーとはライバル関係。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
CYBERブルー(漫画)
正式名称
キメラドーベル・バルタ

総合スレッド

キメラドーベル・バルタ(CYBERブルー)の総合スレッド
2016.01.25 12:39

概要

ドーベルマンと人間の細胞が融合したバイオビーイング。気位が高く人間より進化した上位存在であるという自負がある。人間のことを下等生物と呼び、息が臭いと蔑視。ブルーの前に立ちふさがる強力な刺客であり、非常に強力な嗅覚と聴覚、強靱な肉体を持っている。あらゆるものを原子破壊するシャドーフォースを口から放つことも可能。

登場人物・キャラクター

惑星ティノスに住む射撃が得意な少年。死んだ母親の遺言に従い、荒廃した時代でも悪に染まることなくまっすぐに生きていた。悪徳保安官のワイザーに殺害されたが、友人のロボット・ファッツの電子頭脳を移植され、人...

関連キーワード

『CYBERブルー』に登場する用語。遺伝子の組み換えや二種類以上の細胞を掛け合わせてつくられる複合人間。非常に強力な戦闘兵器だが実験段階であるため、寿命が限られている。ブルーの仲間で特別な力を持ったロ...

登場作品

物語の舞台は2305年、地球から遠く離れた植民地惑星・ティノス。過酷な環境のため人心までも荒廃したこの惑星で、少年・ブルーは貧しいながらも歪むことなく懸命に生きていた。ところが高級品である地球行きのチ...