キメラ三姉弟

ピグマリオ(漫画)の登場人物。読みは「さんきょうだい」。クルトとはライバル関係。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
ピグマリオ(漫画)
正式名称
キメラ三姉弟
ふりがな
さんきょうだい

総合スレッド

キメラ三姉弟(ピグマリオ)の総合スレッド
2016.01.25 12:42

概要

長女キメラ、長兄ネイアス、末弟ギャルガの3人。メデューサ城に至る水晶の原を守っている。長女キメラは末弟のギャルガを女としても愛しているという。ギャルガは天空の城を居城とし、配下のザコンの呪術で迷いの霧を発生させ、多くの人間を西に向かわせなくしていた。

不死身と豪語し、クルトを瀕死に追いこんだ。正体は巨大な甲虫で、天空の城そのものに姿を変えていた。守護像に貫かれ、ピグマリオとして覚醒したクルトに倒された。ネイアスは城をメデューサに滅ぼされ、姉キメラが育てていた魔物ザムザを使ってクルトを襲撃。小さなオリエの水晶の剣に貫かれたが、サソリの正体を現しオリエを毒針で刺して倒れた。

長女キメラの城は、5万の兵士に守られた堅固な砦であり、兵士はいずれも女性で、キメラの印で黄金の獅子に変身する。ネイアスから聞かされたオリエの解毒剤を求めて正面から乗り込んできたクルトに、自ら立ち向かうことを決意。巨大な人面獣身の正体を現す。

守護像が黄金兵として城を攻め始め、ついにクルトに倒された。ただオリエの解毒剤だとネイアスが言っていたものは黒い血のことだった。キメラはクルトに倒されたとき、まだ復活できたが、弟ギャルガのいない世界に未練はないと死を選んだという。3姉弟いずれも、倒された直後にメッセージを遺した。

登場人物・キャラクター

ルーン国の王子で、人並はずれた怪力を持つ。まれに、額に光が現れることがある。生まれ持った優しさと正義感で誰とでも分け隔てなく接する。8歳の誕生日を前に、石像と化した母、ガラティアを発見。さらに持ち前の...

登場作品

まだ神々が人々の目に見えて導いていた時代。ルーン国の王子クルトは、母親の顔を知らず育ったが、それはかつてこの国をメデューサが襲いクルトの母が石に変えられてしまったためであった。この真実を知ったクルトは...