キュロス

将国のアルタイル(漫画)の登場人物。

  • キュロス
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
将国のアルタイル(漫画)
正式名称
キュロス

総合スレッド

キュロス(将国のアルタイル)の総合スレッド
2016.01.25 12:42

概要

ルメリア大陸の南部に広がる央海(セントロ)を、東西に分つ要衝に位置する港湾都市国家燈台の都(ポイニキア)に住む、耳役(クラック)。また、ポイニキアの市長(カエサル)、アポロドロスの息子でもある。その父親を「権力に取り憑かれた豚野郎」とまでコケ下ろす。権力のためなら誰にでも平気で嘘を吐き、上に者にも下の者にも媚び諂い、賄賂は日常茶飯事、そんな父親が厭で、トルキエ将国の密偵となるようスレイマンに持ちかけられたときにも、喜んで引き受けた。

ポイニキアが帝国の手に落ちたことで主人公マフムートの従者として行動を共にするようになる。黒髪をトレッドヘアにして結い上げ、体中に刺青をしている。

町のゴロツキと仲が良く、キュロスが戻ってくる時は帝国からポイニキアを取り戻すときだ、仲間たちと約束する。

関連キーワード

国土の殆どを砂漠と草原に覆われた遊牧民の土地であり、世界の富の9割がそこを通ると言われる商隊の街道(キャラバン・カラヨル)と海の街道(デニズ・カラヨル)とが交差した、交通の要衝が位置する商業国家でもあ...

登場作品

トルキエ歴75年、帝国歴451年、白砂糖月(シエケル)、後にメルリアナ大戦と呼ばれる戦火を引き起こす高度に政治的な事件が起こった。そのとき初めて将軍会議(デイワーン)に参加することになった主人公犬鷲の...