キルア=ゾルディック

HUNTER×HUNTER(漫画)の登場人物。別称、キルア。

  • キルア=ゾルディック
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
HUNTER×HUNTER(漫画)
正式名称
キルア=ゾルディック
別称
キルア

総合スレッド

キルア=ゾルディック(HUNTER×HUNTER)の総合スレッド
2016.01.25 12:36

概要

暗殺一家、ゾルディック家の三男で、歴代でも随一と言われる才能を持つ。幼い頃から暗殺術を仕込まれ、足音を殺して歩くのが癖になっているほか、電撃や毒への耐性も身に付けている。冷静沈着で頭の回転が早く、慎重な性格。暴走しがちなゴン=フリークスのストッパー的役割を担う。自信家でプライドが高く、相手を侮ることも多いが、「負ける可能性のある敵とは戦うな」と長男であるイルミ=ゾルディックから洗脳されており、その洗脳が溶けるまでは格上の相手に対して必要以上に逃げ腰の姿勢を取っていた。

暇つぶしに参加したハンター試験で、同い年のゴンと出会い意気投合。暗殺者であった自分の過去を気にしないで接してくれるゴンを慕っている。ハンター試験の受験番号は99番。この第287期ハンター試験では失格になってしまったため、グリードアイランドを途中で抜けて第288期ハンター試験を受験し、驚異的な速さで合格してライセンスカードを取得した。このときの受験番号は1219番。

オーラを電気に変換させる、変化系能力者。電気を体に溜めなければ発動できないという制約を持つが応用力は高く、相手にそのまま電撃を浴びせる「雷掌(イズツシ)」や、自分の肉体に電気の負荷をかけることで、潜在能力以上の動きができる「神速(カンムル)」を必殺技とする。

登場人物・キャラクター

大自然に囲まれて育った少年。幼い頃、獣に襲われた際ハンターのカイトに助けられ、彼から自分の父親・ジン=フリークスが優秀なハンターであることを教えられる。そのことからハンターに強く憧れを持つようになり、...

登場作品

世界観主人公の少年・ゴン=フリークスが、生まれてから一度も姿を見たことがない父親・ジン=フリークスと会うために、父と同じくプロのハンターとなり、様々な困難に立ち向かいながら仲間とともに父との再会に近づ...