キング・サダハル

キング・サダハル

ドラベース ドラえもん超野球外伝(漫画)の登場人物。

登場作品
ドラベース ドラえもん超野球外伝(漫画)
正式名称
キング・サダハル
ふりがな
きんぐさだはる
関連商品
Amazon 楽天

概要

壮年の男性。元プロ野球選手で、1068本のホームランを放った世界記録保持者。伝説のホームラン王の家系に連なる人物で、実在の野球選手、王貞治に良く似た風貌を持つ。片足を上げた姿勢から強打を放つ一本足打法の使い手。現役引退後はプロの監督として活動、何度も優勝を経験するほどに優れた手腕を発揮した。

草野球の世界大会WABC(ワールドアマチュアベースボールクラシック)の日本代表監督となり、江戸川ドラーズをはじめとする強豪チームから選手たちを招集してドリームチームを結成。その際には、現実の野球大会WBC(ワールドベースボールクラシック)で王貞治監督が世界一を手にした時のスタジアムジャンパーを着用するなど、自身の家系への思い入れが深い。

スポーツマンシップに溢れ、苦境にあっても自身のチームを信じる名将。大きな器を持ち、挑発にも一切動じない。現役を離れてはいるが、一本足打法の威力は健在。草野球の日本大会、草野球日本縦断トーナメントを主催するなど、草野球に尽力する。

登場作品

ドラベース ドラえもん超野球外伝

藤子・F・不二雄の児童マンガ『ドラえもん』と同一の世界を舞台とした野球漫画。クロえもんたちネコ型ロボットで構成された江戸川ドラーズは弱小草野球チームだったが、ライバルのシロえもんとの再会をきっかけに強... 関連ページ:ドラベース ドラえもん超野球外伝

SHARE
EC
Amazon
logo