キン肉スグル

キン肉マンII世(漫画)の登場人物。読みは「きんにくすぐる」。別称、キン肉マン。キン肉万太郎とは親族関係にある。

  • キン肉スグル
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
キン肉マンII世(漫画)
正式名称
キン肉スグル
ふりがな
きんにくすぐる
別称
キン肉マン

総合スレッド

キン肉スグル(キン肉マンII世)の総合スレッド
2016.01.25 12:38

概要

キン肉星出身の正義超人。前作『キン肉マン』の主人公で、キン肉万太郎の父親。54歳。28年前に第58代キン肉星大王として即位、妻ビビンバと結婚するが、その後14年間子に恵まれず、やっとできた子供である万太郎を溺愛して育てた。往時の自分の活躍なども伝えなかったため、まったく父としての威厳がなく、万太郎にはよいおもちゃのように扱われてしまっている。

激しい戦いの後遺症によって体はボロボロになっており、代名詞的な必殺技であったキン肉バスターなどの大技は打てなくなってしまっているが、関節技の技術や、火事場のクソ力はまだまだ現役。伝説超人のひとりとして、新世代超人たちを見守り、時に導く存在となる。

身長185cm、体重90kg。超人強度95万パワー~7000万パワー。

登場人物・キャラクター

キン肉星出身の正義超人。前作の主人公で、第58代キン肉星大王キン肉スグルの息子。14歳。キン肉星王子であり、父キン肉スグルと母ビビンバにとって、結婚14年目にしてできた子供であったため、過保護に育てら...

登場作品

キン肉スグルが第58代キン肉星大王となり、キン肉星の王位を継いでから28年。倒されたと思われていた悪魔超人、完璧超人、残虐超人たちは、盟約を結び地中密かに後進の育成に力を注いでいた。そしてついに地上へ...