キヴダ収容所

キヴダ収容所

氷の掌 シベリア抑留記(漫画)、シベリアの強制労働収容施設。

登場作品
氷の掌 シベリア抑留記(漫画)
正式名称
キヴダ収容所
フリガナ
キヴダシュウヨウジョ
関連商品
Amazon 楽天

概要

炭鉱のそばにつくられており、収容された人々は石炭堀りをやらされていた。環境は劣悪で、日本人が作らされた建物があったが、粗末であったため、連れて来られた後に、小澤たちが作り直しているほど。約千人が収容されていたが、小澤たちが収容された年の冬に、約半数が死亡している。

流刑地であったため、ソ連の囚人もここに送られてきていた。小澤ライチハ収容所へ移動した後、この収容所の人員は日本へと帰国したという。アムール川に比較的近く、ライチハ収容所より西側にあった。

登場作品

氷の掌 シベリア抑留記

第二次世界大戦終了後、ソ連軍の捕虜となり、シベリア抑留を受けた小澤昌一。学徒出陣し、まだ年若かった彼が、シベリアの地で味わった、恐怖と絶望、人間の善性・業などが描かれた体験記。小澤昌一の娘、おざわまり... 関連ページ:氷の掌 シベリア抑留記

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

登場作品
氷の掌 シベリア抑留記
logo