ギラー・ギラー・ギラー

どうぶつの国(漫画)の登場人物。タロウザとはライバル関係。

  • ギラー・ギラー・ギラー
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
どうぶつの国(漫画)
正式名称
ギラー・ギラー・ギラー

総合スレッド

ギラー・ギラー・ギラー(どうぶつの国)の総合スレッド
2016.01.25 12:36

概要

他のヒトよりも知識を蓄えており、バベルの塔で合成生物であるキメラを次々と生産する。感情が欠落しているかのように冷静で、キメラによるどうぶつの国征服を目論む。

登場人物・キャラクター

『どうぶつの国』の主人公でヒトの男の子。赤ん坊の時に母親に捨てられ、どうぶつの国でタヌキのモノコに拾われた。あらゆる動物の言葉を理解できる能力を持ち、全てが共存できる方法を模索する。知恵に優れ、農耕や...

関連キーワード

『どうぶつの国』に登場する塔。ギラーが主となって、中で多数のキメラを作り出している。
『どうぶつの国』に登場する動物の種族。他の動物と比べて身体能力は低いが、知能が高くあらゆる動物とも会話できる能力を持つ。どうぶつの国には昔ヒトが作ったとされる文明の痕跡があり、繁栄した種族だったと推測...
さまざまな動物が暮らす、自然豊かな星。登場する動物たちは、衣服や道具を用いるなど擬人化して描かれ、成熟したライオンが山のように巨大になるなど、大きさも独特の設定がなされている。

登場作品

母親に捨てられ、タヌキのモノコに拾われた赤ん坊タロウザは、どんな鳴き声の動物とも会話できるヒトの子ども。弱肉強食の世界であるどうぶつの国で数々の悲劇を体験し、草食動物と肉食動物が共存できる世界を模索す...