ギルガドール

ピグマリオ(漫画)の登場人物。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
ピグマリオ(漫画)
正式名称
ギルガドール

総合スレッド

ギルガドール(ピグマリオ)の総合スレッド
2016.01.25 12:42

概要

トカゲ谷の近くの密林に住む魔物。巨大な目と5本の触手に軸のような足だけ。足の先も何本かの触手となっている。目の裏側に口もある。触手の先から粘液を発射することが可能。年に一度、トカゲ谷にやってきて、生贄と酒を満喫すると帰っていく。実は生贄よりも酒が好き。クルトの機転で倒されたが、妖魔サロメの力で眼球のみの姿で復活。

ところが、妖魔への服従よりも酒への欲求が強く、クルトたちから酒をもらってなついてしまう。それ以降、空を飛べることもあって、心強い旅の味方となる。眼球だけだが、小さくなって手荷物の中に紛れ込んだり、全身から体液を出して元の魔物に戻ったり、溶けていくつもの眼球になったりと自由度が高い。

メデューサとの決戦にもクルトを乗せて参加した。何も考えていないようにしか見えないが、知能はしっかりとある。

登場人物・キャラクター

ルーン国の王子で、人並はずれた怪力を持つ。まれに、額に光が現れることがある。生まれ持った優しさと正義感で誰とでも分け隔てなく接する。8歳の誕生日を前に、石像と化した母、ガラティアを発見。さらに持ち前の...

登場作品

まだ神々が人々の目に見えて導いていた時代。ルーン国の王子クルトは、母親の顔を知らず育ったが、それはかつてこの国をメデューサが襲いクルトの母が石に変えられてしまったためであった。この真実を知ったクルトは...