ギレン・ザビ

機動戦士ガンダム THE ORIGIN(漫画)の登場人物。デギン・ソト・ザビ、キシリア・ザビとは親族関係にある。

  • ギレン・ザビ
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
機動戦士ガンダム THE ORIGIN(漫画)
正式名称
ギレン・ザビ
ふりがな
ぎれんざび

総合スレッド

ギレン・ザビ(機動戦士ガンダム THE ORIGIN)の総合スレッド
2016.02.19 15:07

概要

ジオン公国総帥。デギン・ソド・ザビ公王の長男。身長190センチの偉丈夫。父親デギン・ソド・ザビの片腕として青年時代から政治活動を開始。ジオン共和国となってからは実質上の最高指導者として辣腕をふるう。スペースノイドを優良種とする選民思想の持ち主であり、卓越した演説能力を用いてジオン公国国民を煽動し、独立戦争へと導いた。

政策・軍事においては守旧派であるデギン公王と対立することが多く、彼から「ヒトラーの尻尾」と評されたこともある。また、妹のキシリア・ザビとも反目し合うが、己の立場に絶対的な自負を持ち、歯牙にもかけぬ様子を見せていた。ソロモンが陥落した一年戦争終盤、ギレン・ザビは宇宙要塞ア・バオア・クーで地球連邦軍との最終決戦を行うことを画策する。

この時、デギン公王は単独でレビル将軍と和平交渉を試みようとしたが、ギレン・ザビが命じたソーラ・レイの発射により、地球連邦軍主力艦隊とともに謀殺された。だが、この行為が彼に破滅をもたらした。

決戦の指揮をとっていた中央司令室にやってきた妹キシリア・ザビに父殺しの罪を糾弾され、彼女によって背後からギレン・ザビは射殺されてしまったのである。激戦の中、最高司令官が射殺されるアクシデントが発生して指揮系統が保持される訳もなく、混乱の中ア・バオア・クーは陥落。ジオン公国は敗戦への道をたどることになった。

登場人物・キャラクター

ジオン公国公王。ギレン・ザビ、サスロ・ザビ、ドズル・ザビ、キシリア・ザビ、ガルマ・ザビの5人の子を持つ。デギン・ソト・ザビはジオン・ズム・ダイクンの側近であったが、その死後スペースコロニー・サイド3ム...
月面基地グラナダを本拠とするジオン突撃機動軍総司令官。階級は少将。デギン・ソド・ザビ公王の長女。ギレン・ザビ総帥、ドズル・ザビ中将の妹。ガルマ・ザビ大佐の姉。諜報機関・キシリア機関の長でもあり、ジオン...

関連キーワード

『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』に登場する国家。地球からもっとも遠いスペースコロニー・サイド3を中心とする宇宙国家。その前身はムンゾ自治共和国でジオニズムの提唱者ジオン・ズム・ダイクンが国家...

登場作品

人類が、増えすぎた人口を地球の周りの数百基の巨大なスペースコロニーに移住させるようになり、すでに半世紀がたっていた。宇宙世紀0079年、地球から最も遠い宇宙都市、サイド3はジオン公国を名乗り、地球連邦...