• 地獄変 (漫画)
  • 作中用語・組織等
  • ギロチン刑場

ギロチン刑場

ギロチン刑場

地獄変(漫画)の舞台のひとつ。読みは「ぎろちんけいじょう」。

登場作品
地獄変(漫画)
正式名称
ギロチン刑場
ふりがな
ぎろちんけいじょう
関連商品
Amazon 楽天

概要

地獄絵師の家の前にそびえたつ刑場で、大きなギロチンが一基設えられている。受刑者がギロチン台に首をかけられると太鼓が鳴らされ、首が落とされるたびに花火が一つ打ち上げられる。落とされた生首は首受けのホッパーに集められ、その下で待機している貨物車に積み込まれると、いずこかへ送られていく。

登場作品

地獄変

主人公は陰気で醜い無名の絵師。血の匂いとその美しさに魅入られた彼は、恐怖と残酷に彩られた絵を描く地獄絵師であった。彼は読者に向かって、恐るべき一世一代の告白をする。 関連ページ:地獄変

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

登場作品
logo