クオウ・タカミネ

クオウ・タカミネ

どうぶつの国(漫画)の登場人物。

登場作品
どうぶつの国(漫画)
正式名称
クオウ・タカミネ
関連商品
Amazon 楽天

概要

かつて生きていたヒトの青年で、天才科学者。ヒトが滅んだ原因を調べ、キメラを研究し、究極の作物「永遠の実」を作り出した。現在は別の体に記憶を移植している。幼名は「ココノツノオウ・タカミネ」といった。

関連キーワード

永遠の実

『どうぶつの国』に登場する食べ物。肉食動物でも草食動物でも、味と栄養ともに満足できる。クオウが、動物達の共存を願って作り出した。やせた土地でも育ち、渇水や病気にも強い。 関連ページ:永遠の実

ヒト

『どうぶつの国』に登場する動物の種族。他の動物と比べて身体能力は低いが、知能が高くあらゆる動物とも会話できる能力を持つ。どうぶつの国には昔ヒトが作ったとされる文明の痕跡があり、繁栄した種族だったと推測... 関連ページ:ヒト

登場作品

どうぶつの国

母親に捨てられ、タヌキのモノコに拾われた赤ん坊タロウザは、どんな鳴き声の動物とも会話できるヒトの子ども。弱肉強食の世界であるどうぶつの国で数々の悲劇を体験し、草食動物と肉食動物が共存できる世界を模索す... 関連ページ:どうぶつの国

SHARE
EC
Amazon
logo