クノッペン・ハウト博士

クノッペン・ハウト博士

0(ゼロ)マン(漫画)の登場人物。読みは「くのっぺんはうとはかせ」。別称、エンマ大王。ピット・ハウトとは親族関係にある。

登場作品
0(ゼロ)マン(漫画)
正式名称
クノッペン・ハウト博士
ふりがな
くのっぺんはうとはかせ
別称
エンマ大王
関連商品
Amazon 楽天

概要

すっぽりと黒い布をかぶる正体不明の人物。替え玉ロボットを傀儡にして東京を画一的な建物と工場がならぶ都市にしてしまう。その正体は、ヒマラヤの奥へ雪男を調査に行き行方知れずになったクノッペン・ハウト博士原子冷凍機の操作にあたり、装置の故障で死亡。0マンのロケットの設計図を息子のピットに託す。

関連人物・キャラクター

ピット・ハウト

クノッペン・ハウト博士の息子。父が0マンに殺されたと思い、0マンを恨んでいる。0マンの国を逃げ出したリッキーたちを捕らえ、日本へ向かう。父が0マンの手先となっていたことを知り衝撃を受けた。以後、リッキ... 関連ページ:ピット・ハウト

登場作品

0(ゼロ)マン

リスから進化した人間0マンは、ヒマラヤの奥に隠れ住み、人類より遥かに科学を発達させていた。人間に育てられた0マンの少年リッキーは、両親と出会い0マンの国へ戻るが、そこでは、専制的な大僧官が横暴な統治を... 関連ページ:0(ゼロ)マン

SHARE
EC
Amazon
logo