クラウス・ポッペ

クラウス・ポッペ

MONSTER(漫画)の登場人物。別称、フランツ・ボナパルタ。

登場作品
MONSTER(漫画)
正式名称
クラウス・ポッペ
別称
フランツ・ボナパルタ
関連商品
Amazon 楽天

概要

旧チェコスロバキア秘密警察の元大尉であった男性。ヤロミールという息子がいる。心理学者・脳外科医であり、エミル・シェーベ、ヤコブ・ファロベック、ヘルムート・フォス等、幾つものペンネームを持つ絵本作家でもある。フランツ・ボナパルタもそうしたペンネームのひとつで、本名はクラウス・ポッペ

優秀な遺伝子を持った子供を意図的に生ませ、彼らを共産主義のエリートに育成する計画の中心人物で、自身の絵本を使い「朗読会」と称した子供たちの人格改造実験を行っていた。こうした計画の成果として誕生したのが、ヨハン・リーベルトアンナ・リーベルト(ニナ・フォルトナー)の双子である。

ベルリンの壁崩壊直前に旧西ドイツへと亡命し、その後は先祖の故郷であるルーエンハイムという田舎町でひっそりとホテルのオーナーをして暮らしていた。

関連人物・キャラクター

ヨハン・リーベルト

アンナ・リーベルトの双子の兄。冷酷無比な殺人鬼。他人の心のスキに入り込む術を備え、他人をコントロールしては次々と殺人を行わせた。妹のアンナ(ニナ・フォルトナー)とともに、旧チェコスロバキアの秘密警察の... 関連ページ:ヨハン・リーベルト

登場作品

MONSTER

ドイツのアイスラー記念病院に勤務する日本人脳外科医・天馬賢三(テンマ)は、ある日、頭部を撃たれて搬送されてきた少年・ヨハン・リーベルトの手術を担当し、その命を救う。だがこの際、自分たちの利益のために市... 関連ページ:MONSTER

SHARE
EC
Amazon
logo