クルト・シュメルツ男爵

クルト・シュメルツ男爵

アドルフに告ぐ(漫画)の登場人物。読みは「くるとしゅめるつだんしゃく」。マルテ・シュメルツとは親族関係にある。

登場作品
アドルフに告ぐ(漫画)
正式名称
クルト・シュメルツ男爵
ふりがな
くるとしゅめるつだんしゃく
関連商品
Amazon 楽天

概要

ナチス高官。マルテ・シュメルツの夫。ワグネリアン(ドイツの作曲家リヒャルト・ワーグナーの音楽に心酔している人々)。屋敷に招いた峠草平に、大音量でレコードを聴かせ、峠勲が残したメモ「R・W」が「リヒャルト・ワーグナー」であり、死体の指先についた白い粉が、リヒャルト・ワーグナーの石膏像ではないかというヒント与える。

関連人物・キャラクター

マルテ・シュメルツ

ローザ・ランプの元同級生。彼女の出現でリンダ・ウェーバーがローザ・ランプの偽名であることが露見する。

登場作品

アドルフに告ぐ

アドルフ・ヒットラーにユダヤ人の血が流れているという設定で、彼にまつわる秘密文書が引き起こす人々の愛憎劇を描いた。戦前、戦中の神戸とドイツを舞台に、正義の名の下に繰り返される戦いのむなしさを「アドルフ... 関連ページ:アドルフに告ぐ

SHARE
EC
Amazon
logo