クルト

クルト

ピグマリオ(漫画)の主人公。メデューサとはライバル関係。

登場作品
ピグマリオ(漫画)
正式名称
クルト
関連商品
Amazon 楽天

概要

ルーン国の王子で、人並はずれた怪力を持つ。まれに、額に光が現れることがある。生まれ持った優しさと正義感で誰とでも分け隔てなく接する。8歳の誕生日を前に、石像と化した母、ガラティアを発見。さらに持ち前の怪力から石壁をどかし、その奥に封印されていた石像と化した国民たちの姿を目にする。

これは、悪神エルゾの娘メデューサのしわざだった。クルトは8歳の誕生式にメデューサに忠誠を誓うことを条件に生き延びさせられていたのだ。だが、その式でメデューサの使いを倒し、金色の鷹に導かれてメデューサの住む西へと旅立つ。旅の途中で、善神アガナードから母の守護像を渡され、ガラティアの妹にあたる精霊のオリエと知り合い、彼女の導きにより、大地の女神ユリアナから大地の剣をもらう。

さらには、正統のドラゴンの子レオンと酒好きの魔物ギルガドールが仲間となるのだった。北の大地でメデューサと遭遇し、立ち向かったが大地の剣を折られ敗退。決意を新たに、西へ向かうと水晶の姫オリエも旅に加わった。

大地の剣は火の神ペレの手により修復。像の姿を借りたガラティアに教えられた虹の谷で、谷の主アブアブからクルトメデューサの子だと教えられる。真実を確かめるためにメデューサの居城へと急ぐが、レオンと別れ、ギルガドールは倒され、小さいオリエも敵の手にかかって命を落とす。

メデューサとの戦いが始まると、アガナードエルゾの戦いも始まった。明かされた真実はガラティアメデューサピグマリオの母となるはずだった一人の女性ということであった。ガラティアの石像を砕かれ、クルトピグマリオとして覚醒し、メデューサに立ち向かう。

関連人物・キャラクター

メデューサ

悪神エルゾの娘。青黒く光るうろこに全身を包まれ、赤く燃える瞳と避けた口で、山を一巻にする巨大な蛇の体と髪をした妖魔だが、長い黒髪の人間の姿になることもある。ピグマリオの誕生を待っていた母なる人が、悪神... 関連ページ:メデューサ

関連キーワード

ルーン国

『ピグマリオ』の登場地名。クルトの故郷。ステファン王が治める平和な国で、王城は山にある。城下町にあたるのがワタンカ村。メデューサに石像にされた村人たちは、岩山の中に封印されている。現在の村人は各地から... 関連ページ:ルーン国

登場作品

ピグマリオ

まだ神々が人々の目に見えて導いていた時代。ルーン国の王子クルトは、母親の顔を知らず育ったが、それはかつてこの国をメデューサが襲いクルトの母が石に変えられてしまったためであった。この真実を知ったクルトは... 関連ページ:ピグマリオ

SHARE
EC
Amazon
logo