クルースニク

クルースニク

トリニティ・ブラッド(漫画)に登場する用語。

登場作品
トリニティ・ブラッド(漫画)
正式名称
クルースニク
ふりがな
くるーすにく
関連商品
Amazon 楽天

概要

「吸血鬼を食べる吸血鬼」であり、900年以上生き続ける存在。アベルのコードネームでもある。ナノマシン・クルースニクは起動するものでありながら、体内にあるもう1つの人格ともいえるもので、アベルが80パーセント起動したときは、普段の彼とはうってかわり凶暴性が増した。

アベルはクルースニク02、セスはクルースニク03、カインはクルースニク01を所持している。

登場作品

トリニティ・ブラッド

大厄災のあと、突如現れた吸血鬼。人類は、彼らと長い闘争を繰り返して来た。自由都市イシュトヴァーンの教会で育てられたエステルは、この街を支配する吸血鬼のバビロン伯ジェラを倒すための活動を続けていた。そこ... 関連ページ:トリニティ・ブラッド

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

登場作品
トリニティ・ブラッド
logo