• K (漫画)
  • 作中用語・組織等
  • グジュツ族

グジュツ族

グジュツ族

K(漫画)に登場する集団。読みは「ぐじゅつぞく」。

登場作品
K(漫画)
正式名称
グジュツ族
ふりがな
ぐじゅつぞく
関連商品
Amazon 楽天

概要

山岳部族、と作品中で言われている。Kは彼らと一時期生活をともにしたことがあり、大鹿の太腿を用いて凍傷を治療する技、冷えきった体をカレールーを飲むことで活性化させる技、大声を出さずに煙と臭いでによって遭難者を発見する技など、様々な知恵を吸収したと述べている。これ以外にも、大自然と一体化し、些細な動静や兆しに注意を払いつつ登攀していく方法など、Kが彼らとの生活で学んだものは多かったと思われる。

登場作品

K

ヒマラヤ山麓に位置するアスコーレ村に少女レナと住む、国籍・年齢・名前が謎の男は、ただKと呼ばれる。未登攀ルートで救出不可能な遭難事故が起きたとき、高度山案内人やポーターたちは口々に「Kならあるいは」と... 関連ページ:K

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

登場作品
logo