グリゴーリー・オルローフ

女帝エカテリーナ(漫画)の登場人物。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
女帝エカテリーナ(漫画)
正式名称
グリゴーリー・オルローフ
ふりがな
ぐりごーりーおるろーふ

総合スレッド

グリゴーリー・オルローフ(女帝エカテリーナ)の総合スレッド
2016.08.23 17:40

概要

祖父は、歩兵から将校にまで昇進したロシア帝国初代皇帝ピョートル大帝の忠臣。父はロシア北東の都市ノヴコロド総督になった人物。その息子(次男)であり近衛連隊に所属するグリゴーリー・オルローフたちは、「オルローフ家の5人兄弟」と呼ばれ、兵士たちの憧れの的になっている。

その背後に控える兵力と、ギリシャ彫刻のような男ぶりをエカテリーナ=アレクセーエヴナに見初められ、エカテリーナの3人目の愛人となる。偏狭な精神と強靱な肉体を持ち、名誉を重んじ軍隊を愛し、酒と賭博と女を好む粗野な性格。歴史上の実在の人物、グリゴリー・グリゴリエヴィチ・オルロフ伯爵がモデル。

登場作品

北ドイツの地方貴族の娘ゾフィー・フォン・アンハルト=ツェルプストは、己が支配する側の道を進むべき人間だという自負があった。凡庸な容姿を補うために、10歳から教養と知性を身につけるべく努力を重ねたゾフィ...