グルシャン

グルシャン

シュトヘル(漫画)の登場人物。別称、吉祥山。ハラバルとは親族関係にある。

登場作品
シュトヘル(漫画)
正式名称
グルシャン
別称
吉祥山
関連商品
Amazon 楽天

概要

西夏番大学院(国立図書館)の院長。玉花の父で、ハラバルユルールの祖父にあたる。玉音同を奪いに来たハラバルと交戦し、敗北する。文官でありながら武術にも長けており、分銅付きの棍を武器にハラバルを苦戦させた。

関連人物・キャラクター

ハラバル

ツォグ族族長の息子で、ユルールの兄。母は西夏人の玉花。弓の名手であり、騎乗しながら一度に三本を射て遠方の敵を正確に仕留めるほどの使い手。愛馬三ツ目を駆り、単騎で敵陣を蹂躙する豪傑。その腕前から神箭手(... 関連ページ:ハラバル

関連キーワード

西夏

『シュトヘル』に登場する国。十一世紀、中国北西部にタングート族(チベット系)に建国され、西夏文字をはじめとした独自の文化を築いた。しかし、大ハン率いるモンゴル軍に侵略され、滅亡寸前である。西夏人は自国... 関連ページ:西夏

登場作品

シュトヘル

13世紀初頭モンゴル。仲間をモンゴル軍の配下ツォグ族に皆殺しにされた女戦士シュトヘルは、仇である「虎の男」ハラバルを探しながらモンゴルの兵を殺して回っていた。ある日、彼女は西夏の文字をひとつ残らず消し... 関連ページ:シュトヘル

SHARE
EC
Amazon
logo