グレゴリー・エフィモヴィチ・ラスプーチン

春風のスネグラチカ(漫画)の登場人物。ビエールカ・ザイツェヴナ・スネグラヤとは親族関係にある。

  • グレゴリー・エフィモヴィチ・ラスプーチン
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
春風のスネグラチカ(漫画)
正式名称
グレゴリー・エフィモヴィチ・ラスプーチン

総合スレッド

グレゴリー・エフィモヴィチ・ラスプーチン(春風のスネグラチカ)の総合スレッド
2016.01.25 12:43

概要

主人公ビエールカ・ザイツェヴナ・スネグラヤの実父。フェリックス・フェリクソヴィチ・ユスポフの妻であるイリーナ・アレクサンドロヴナとの間に、ビエールカを授かる。「血友病」を治療する術を有していた。病人に深い精神の安定をもたらすという、不思議な眼を持っていた。ビエールカはその眼を色濃く受け継いでいる。

実在するグレゴリー・エフィモヴィチ・ラスプーチンがモデルになっている。

登場人物・キャラクター

車椅子の謎の少女。両脚の膝から下は義足。帝政ロシア最大の貴族フェリックス・フェリクソヴィチ・ユスポフ公を義父に持つ。実際は、母イリーナ・アレクサンドロヴナが、グレゴリー・エフィモヴィチ・ラスプーチンと...
主人公ビエールカ・ザイツェヴナ・スネグラヤの実の母。フェリックス・フェリクソヴィチ・ユスポフの妻でありながら、グレゴリー・エフィモヴィチ・ラスプーチンとの間にビエールカを授かる。実在するイリーナ・アレ...

登場作品

1933年、ソビエト連邦カレリア自治共和国。とある別荘の管理人であるイリーナ・アレクサンドロヴナは、ある日湖畔で不思議な男女に声をかけられる。車椅子の少女ビエールカ・ザイツェヴナ・スネグラヤと、従者の...