グレムト・ゲール

宇宙戦艦ヤマト2199(漫画)の登場人物。別称、ゲール。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
宇宙戦艦ヤマト2199(漫画)
正式名称
グレムト・ゲール
ふりがな
ぐれむとげーる
別称
ゲール

総合スレッド

グレムト・ゲール(宇宙戦艦ヤマト2199)の総合スレッド
2016.09.01 15:31

概要

大ガミラス帝星の銀河方面作戦司令長官だったが、エルク・ドメル着任後は副司令官に降格される。階級は少将。ヴァルケ・シュルツたちの上官として地球攻撃をしていたが、シュルツから「日和見主義者」と軽蔑されるなど、将としての才覚も人の上に立つものとしての資質もあまりない。

シュルツたちが全滅したあと、自身で艦隊を率いて宇宙戦艦ヤマトに攻撃を仕掛けるが、メルダ・ディッツヤマトの艦内にいると知りながら攻撃するなど、その振る舞いは卑劣。戦闘以外の振る舞いも品がなく、アベルト・デスラーに疎まれているが、ゲール自身はデスラーに忠誠を誓っている。その一方、自分の代わりに司令官となったドメルに対しては好感を抱いていない。

登場作品

西暦2199年、8年前に接触したガミラス人との宇宙戦争に敗れた地球人は、遊星爆弾が地表に降り注ぐ中、地下都市で滅亡の危機に瀕していた。そんな地球に救いの手をさしのべたのが、16万8千光年彼方にある大マ...