ケンシロウ

北斗の拳(漫画)の主人公。別称、胸に七つの傷を持つ男。シンとはライバル関係。

  • ケンシロウ
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
北斗の拳(漫画)
正式名称
ケンシロウ
別称
胸に七つの傷を持つ男
別称
世紀末救世主

総合スレッド

ケンシロウ(北斗の拳)の総合スレッド
2016.01.25 12:39

概要

青年男性。北斗神拳を使う拳法家。一子相伝の暗殺拳・北斗神拳の伝承者で、、余人を寄せ付けない優れた戦闘力を備える。筋骨隆々の逞しい肉体を持ち、胸には北斗七星の形に並んだ七つの傷がある。北斗神拳の伝承者候補として集められた4人の中では最年少だったが、義父のリュウケンより天賦の才を見いだされ、伝承者となる。

精神的に甘い部分を残していたが、恋人のユリアをライバルのシンに奪われ、復讐のために放浪するうちに非情さを獲得。世紀末世界で苦しむ人々の思いを受け、暴力による支配を画策する義兄・ラオウとの戦いへ赴く。暗殺拳の伝承者ながら、戦う相手の心情を汲み取る度量の広さを持ち、世紀末を終わらせる救世主として周囲から期待されるようになっていった。

弱い者、苦しむ者に対して優しい一方、人々を苦しめる悪党に対してはとことん非情で、北斗神拳の特性を活かした処刑めいた殺し方をすることも多い。普段は物静かで口数も少ないが、ひとたび怒ると上半身の筋肉が隆起し、着ていた上着を吹き飛ばす。北斗神拳の様々な奥義を身につけているほか、戦った相手の技を我がものとできる力も持ち、その戦闘能力は計り知れない。

登場人物・キャラクター

青年男性。南斗聖拳の一派、南斗孤鷲拳の拳法家。南斗六聖拳の一人で、愛に殉じる殉星の男。ケンシロウのライバルで、プライドの高い人物。かねてからユリアに思いを寄せており、ジャギの扇動に乗ってケンシロウを倒...
成人女性。ケンシロウの恋人。気高く慈悲深い女性で、ラオウやトキ、シンといった多数の拳法家から思いを寄せられていた。核戦争後、ケンシロウと共に旅立とうとするところをシンにさらわれる。シンからは贅沢な暮ら...

関連キーワード

『北斗の拳』に登場する拳法。ケンシロウ、ラオウ、トキ、ジャギが使う。人体に708存在する経絡秘孔(秘孔)を突き、身体を内部から破壊する。例えば秘孔・頭維を突く「北斗残悔拳」なら、指を抜いて3秒後に頭が...

登場作品

世界観舞台は弱肉強食の世紀末世界。199X年に核戦争が勃発し、その影響で国が滅び文明が失われた。生き残った人々は各地に「村」と呼ばれる集落を作り、肩を寄せ合って暮らしている。そんな弱者たちを虐げるのが...