ゲッベルス

ゲッベルス

劇画ヒットラー(漫画)の登場人物。

登場作品
劇画ヒットラー(漫画)
正式名称
ゲッベルス
ふりがな
げっべるす
関連商品
Amazon 楽天

概要

ナチス党内の実力者であったシュトラッサーの秘書として入党した青年。当初は、党内の権力闘争においてヒットラーとは敵対的な立場に立たされていたが、後にヒットラー支持を表明した。さらにナチス党が政権を取ると宣伝相となって再登場し、以後ヒットラーの側近として描かれるようになる。

終戦間際、ヒットラーが篭るベルリンの防空壕でも生活を共にし、その最期を看取った後に、自身も命を絶った。

関連人物・キャラクター

アドルフ・ヒットラー

オーストリア=ハンガリー帝国に生まれるが、人種的にはドイツ人であり、自身もドイツを祖国とし、ドイツへの愛国心を持ち続けた。当初は画家を志していたが果たせず、ウィーン、ミュンヘンなどで半放浪生活を送る。... 関連ページ:アドルフ・ヒットラー

関連キーワード

国家社会主義ドイツ労働者党

『劇画ヒットラー』に登場する政党。前身は党員も少ない泡沫政党だったドイツ労働者党で、ここにヒットラーが入党した翌年の1920年に国家社会主義ドイツ労働者党へと党名を変更した。やがてヒットラーが党首とな... 関連ページ:国家社会主義ドイツ労働者党

登場作品

劇画ヒットラー

世界史上最も有名な独裁者であるアドルフ・ヒットラーの生涯を青年期から辿るドキュメンタリー。過剰な演出は少なく、淡々とした事実が積み重ねられていく。ユダヤ人に対するホロコースト政策やヒットラーが持ってい... 関連ページ:劇画ヒットラー

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

関連人物・キャラクター
アドルフ・ヒットラー
ゲーリング
ゲリ
アウグスト・クビツェク
ムッソリーニ
集団・組織
国家社会主義ドイツ労働者党
イベント・出来事
ミュンヘン一揆
その他キーワード
我が闘争
logo