ゲッベルス

劇画ヒットラー(漫画)の登場人物。

  • ゲッベルス
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
劇画ヒットラー(漫画)
正式名称
ゲッベルス
ふりがな
げっべるす

総合スレッド

ゲッベルス(劇画ヒットラー)の総合スレッド
2016.01.25 12:35

概要

ナチス党内の実力者であったシュトラッサーの秘書として入党した青年。当初は、党内の権力闘争においてヒットラーとは敵対的な立場に立たされていたが、後にヒットラー支持を表明した。さらにナチス党が政権を取ると宣伝相となって再登場し、以後ヒットラーの側近として描かれるようになる。

終戦間際、ヒットラーが篭るベルリンの防空壕でも生活を共にし、その最期を看取った後に、自身も命を絶った。

登場人物・キャラクター

オーストリア=ハンガリー帝国に生まれるが、人種的にはドイツ人であり、自身もドイツを祖国とし、ドイツへの愛国心を持ち続けた。当初は画家を志していたが果たせず、ウィーン、ミュンヘンなどで半放浪生活を送る。...

関連キーワード

『劇画ヒットラー』に登場する政党。前身は党員も少ない泡沫政党だったドイツ労働者党で、ここにヒットラーが入党した翌年の1920年に国家社会主義ドイツ労働者党へと党名を変更した。やがてヒットラーが党首とな...

登場作品

1908年ウィーン、画家志望の青年アドルフ・ヒットラーは、日々の食費にも困る不遇の日々を送っていた。やがて第一次世界大戦が勃発、ヒットラーも従軍するが、祖国ドイツは破れ戦後の混乱期へと突入する。政治的...