ゲルツェコマ

ゲルツェコマ

紅殻のパンドラ(漫画)の登場人物。別称、ゲルコマ。

登場作品
紅殻のパンドラ(漫画)
正式名称
ゲルツェコマ
ふりがな
げるつぇこま
別称
ゲルコマ
関連商品
Amazon 楽天

概要

『紅殻のパンドラ』に登場するロボット。卵に四本がついた形をしたロボット。汎用性が高く、ボディ内には作業用アーム収納されており、これを出して、人間の身辺の世話、壊れたものの修理が可能。また、人を乗せて運ぶこともできる。喋ることはできないが、人間の言っていることは聞き取れ、理解できる。開発者は崑崙八仙拓美ウザル・デリラに多数譲渡されており、これらはクラリオンが操作し、手足のように使っていた。

七転福音は、ゲルツェコマという名前が呼びにくかったためか、「ゲルコマ」と呼ぶようになる。状況に応じて装備の変更が可能で、光学迷彩を搭載していたり、緊急時には殲滅型装備というかなり強力な武装をする。

登場作品

紅殻のパンドラ

孤児で全身が義体化された少女・ネネ(七転福音)は、自分の面倒を見てくれることになったおば・コロバセ(崑崙八仙拓美)が住む、セナンクル・アイランドへと向かっていた。その旅の船上で、ネネは、自分とよく似た... 関連ページ:紅殻のパンドラ

SHARE
EC
Amazon
logo