コズロフ・レーフヴィチ・グレブネフ

コズロフ・レーフヴィチ・グレブネフ

BIOMEGA(漫画)の登場人物。別称、コズロフ・Л・グレブネフ。

登場作品
BIOMEGA(漫画)
正式名称
コズロフ・レーフヴィチ・グレブネフ
別称
コズロフ・Л・グレブネフ
関連商品
Amazon 楽天

概要

庚造一9JOで出会う、イオン・グリーンの保護者。大きな熊の姿をした男性で、着ぐるみなどではなく本物の熊の体を持っているが、言葉を話すことや、器用に銃器を操ることもできる。熊の体のためか、N5Sウイルスによる〈ドローン禍〉からは免れていた。一人称は「俺」で、登場人物の中ではよく喋る性格をしている。

L196ライフルという銃を所有。ハチミツがあまり好きではないらしい。なお、彼が住む部屋には、子熊を抱いたレーフ・グリゴリエヴィチ・グレブネフの写真が飾られている。

関連人物・キャラクター

庚造一

東亜重工のエージェントとして、N5Sウイルスが蔓延した街の「浄化作戦」の支援のため派遣された男性。正体は東亜重工製の合成人間であり、共に育てられた女性型AI、カノエ・フユをパートナーに庚班(かのえはん... 関連ページ:庚造一

関連キーワード

9JO

西暦2206年頃(作中の800年前)、太平洋上に建造された人工島。DRFの管理下にあり、複数のMSCF(最重要警備隔離施設)を抱えている。庚造一とカノエ・フユの庚班が、N5Sウイルス感染者の浄化作戦に... 関連ページ:9JO

登場作品

BIOMEGA

かつて大規模なデータテロにより全世界のデジタル記録が消失し、文明が衰えていく中、そのデータの復旧事業を行う財団「DRF」が世界を牛耳るようになった未来の地球。西暦3005年、DRFは人類にとって7世紀... 関連ページ:BIOMEGA

SHARE
EC
Amazon
logo