コネミ・ダ・マーヤ

コネミ・ダ・マーヤ

最終戦争シリーズ(漫画)の登場人物。別称、プロフェッサー。

登場作品
最終戦争シリーズ(漫画)
正式名称
コネミ・ダ・マーヤ
ふりがな
こねみだまーや
別称
プロフェッサー
関連商品
Amazon 楽天

概要

『最終戦争シリーズ』の主人公の一人。『ペレランドラに帰りたい』『火星人と竜の城』『セラフとザンベジ川』『砂糖月ドーナツ曜日』の主人公。元宇宙船医の火星人(ゴ・ダエヴァ・ベム)。日本では、山田を名乗っていた。1万2千年前の金星と火星の最終戦争における地球基地の生き残り。その後、同じく生き残りの金星人ミルテラ・バーツマコとお互いに深層催眠をかけあうなどしながら、地球人として暮らしてきた。

3502年、市トーノを襲ったデーヴァダッタの事件に巻き込まれ、そのまま難民と共にカトマンズへ。デーヴァダッタ研究に勤しんでいる。機械いじりが得意なため、御子芝唯東日流七海などの改造も手がける。

大槻笑尾鷹星野のファンで、笑に近づく西塔小角が気に入らなかった。その後は笑の小角への無関心ぶりから、親愛度が増している。名前は作者である山田ミネコを逆から読んだもの。

関連人物・キャラクター

大槻 笑

『最終戦争シリーズ』の主人公の一人。『冬の円盤』『誕生日がこない』の主人公。人類を救うために奔走する女性。右で分けたゆるいウェーブのロングヘアをしている。性格もふわっとしてるが、思いこんだら頑固。19... 関連ページ:大槻 笑

登場作品

最終戦争シリーズ

地殻変動兵器による最終戦争以降、人類は滅亡への道をたどっている。その背後には、有史以前に火星と金星を滅ぼした、破滅をもたらす異種生命体、デーヴァダッタの影があった。活力を失った人類と、滅びをもたらすデ... 関連ページ:最終戦争シリーズ

SHARE
EC
Amazon
logo