コムイ・リー

D.Gray-man(漫画)の登場人物。別称、Komui Lee。リナリー・リーとは親族関係にある。

  • コムイ・リー
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
D.Gray-man(漫画)
正式名称
コムイ・リー
別称
Komui Lee

総合スレッド

コムイ・リー(D.Gray-man)の総合スレッド
2016.01.25 12:42

概要

『D.Gray-man』の登場人物で、黒の教団本部の室長を務める科学者。ベレー帽に横長でアンダーリムタイプのメガネが特徴の中国人で、リナリー・リーの実の兄でもある。重度のシスコンで、妹を溺愛する傾向が強い。黒の教団に入ったのも、妹がエクソシスト候補として連れ去られ、3年間努力して室長の地位を勝ち得た経緯がある。

本部内の1フロアをプライベートな実験場にしており、教団内のさまざまな妖しいアイテムを造り出しているが、部屋は常に散らかり放題。部下である科学班班長のリーバー・ウェンハムに、無理難題や自分の引き起こした騒動の後始末を押し付けることが多い。

登場人物・キャラクター

『D.Gray-man』の登場人物で、黒の教団に属するエクソシストのひとり。本部で室長助手も務めており、室長であるコムイ・リーは実の兄。発動すると空中戦も可能となるほど機動性と運動性が跳ね上がり、それ...

関連キーワード

『D.Gray-man』に登場する、アクマと戦うエクソシストの所属する組織。またその総本部である断崖に建てられた黒い円柱状の塔のことも指す。約100年前に発見された、「神の結晶」あるいは「イノセンス」...

登場作品

不気味に赤く変色した左腕を持つ少年アレン・ウォーカーは、千年伯爵の作り出すアクマと戦うエクソシストとして黒の教団に入団する。アクマとの熾烈な戦いが繰り返される中、教団の仲間たちや戦いの中で出会う人々と...