• マリーベル (漫画)
  • 作中用語・組織等
  • コメディ・フランセーズ

コメディ・フランセーズ

コメディ・フランセーズ

マリーベル(漫画)に登場する組織。

登場作品
マリーベル(漫画)
正式名称
コメディ・フランセーズ
ふりがな
こめでぃふらんせーず
関連商品
Amazon 楽天

概要

当時、唯一の国家運営劇団。演目に関係なく、当時の貴族の服装で演技をしていたが、マリーベルが1787年に『アクロポリスの市民』で史実に忠実な衣装で演じて話題となる。宮廷の命を受けて『貴族万歳』を上演していたが、この舞台でマリーベルが「フランス万歳」と叫んだため、市民4名の死者と150名の負傷者、貴族788名の死傷者を出す大騒動が巻き起こった。

このためマリーベルは、2年間の出演禁止処分を受けている。その後、革命劇を求められるが、王党派の役者は出演せず、革命派のみで上演された。双方の対立が激しくなって分裂したこともあって、独占権が剥奪されている。王党派がコメディ・フランセーズを継続し、タルマを筆頭にした自由と平等の劇場と競うようになる。

モデルは実在の劇団、コメディ・フランセーズ

登場作品

マリーベル

18世紀後半、イギリスでランバート公爵家に拾われた少女マリーベルは、後継ぎのロベールと親しくなり、愛を育む。だが、身分違いのため恋を諦め、生き別れの兄アントワーヌを探すためもあってフランスに渡る。旅芝... 関連ページ:マリーベル

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

登場作品
logo