コルカス

コルカス

ベルセルク(漫画)の登場人物。

登場作品
ベルセルク(漫画)
正式名称
コルカス
関連商品
Amazon 楽天

概要

傭兵集団・鷹の団の団員。ある戦いでガッツが得た報奨金を奪おうと襲撃し、結果的にガッツ鷹の団に入団するきっかけを作った。団長のグリフィスを特別視していたため、横に並ぼうとするガッツを快く思わず何かときつく当たり、結局最後までガッツとはウマが合うことはなかった。

グリフィスが起こした蝕の生贄・贄となり死亡。

関連人物・キャラクター

グリフィス

傭兵集団・鷹の団の団長。幼き日に夢見た自身の国を得るという夢を叶えるために鷹の団を結成した。大国・ミッドランド王国に肩入れし、隣国のチューダー帝国との百年戦争で休戦協定を結ばせるほどに活躍。貴族となり... 関連ページ:グリフィス

ガッツ

長身で筋骨隆々とした隻眼隻腕の剣士。失った右腕には大砲の仕掛けがある義手とボウガンを装備。武器として自身の身長ほどの鉄塊としか表現しようのない大剣・ドラゴンころしを使用し、膂力に任せた一撃で眼前の敵を... 関連ページ:ガッツ

関連キーワード

鷹の団

『ベルセルク』に登場する組織。物語の序盤から登場する傭兵団・鷹の団と、それが壊滅したのちに新たに編成された、ミッドランド王家直属の正規軍の新生鷹の団のふたつが存在する。前者はまだ人であった頃のグリフィ... 関連ページ:鷹の団

登場作品

ベルセルク

世界観全体的な世界設定本作の舞台は機械的な文明がそれほど発達していない中世ヨーロッパのような世界観がモデルとなっており、石造りの建物や深く広大な新緑の森、切り立った山々などが頻繁に描写されている。人々... 関連ページ:ベルセルク

SHARE
EC
Amazon
logo