コーヤコーヤ星

コーヤコーヤ星

ドラえもん のび太の宇宙開拓史(アニメ映画)、ロップルの亡父が発見した星。読みは「こーやこーやせい」。

登場作品
ドラえもん のび太の宇宙開拓史(アニメ映画)
正式名称
コーヤコーヤ星
ふりがな
こーやこーやせい
関連商品
Amazon 楽天

概要

人口過密を迎えた他星の人々が移り住み、開拓に励む入植地の1つ。春には洪水で肥えた土が流れ出る農業向きの環境。星は反重力を生む特殊な鉱石で形成されており、採掘をもくろむガルタイト鉱業が開拓民の追い出しを図っている。

地球に比べて重力が低く、相対的に地球人は超人的な力持ちになる。

登場作品

ドラえもん のび太の宇宙開拓史

宇宙の彼方、コーヤコーヤ星の少年ロップルの宇宙船がワープしたさい、空間がねじれて船の一角と地球の小学生・野比のび太の部屋の畳の下がつながってしまう。のび太は未来からきた猫型ロボットのドラえもんと共にコ... 関連ページ:ドラえもん のび太の宇宙開拓史

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

登場作品
logo