ゴブリン男爵

三つ目がとおる(漫画)の登場人物。読みは「ごぶりんだんしゃく」。写楽保介とは親族関係にある。

  • ゴブリン男爵
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
三つ目がとおる(漫画)
正式名称
ゴブリン男爵
ふりがな
ごぶりんだんしゃく

総合スレッド

ゴブリン男爵(三つ目がとおる)の総合スレッド
2016.01.25 12:41

概要

写楽保介の叔父。三つ目族の血を引くただ一つの貴族の家柄。ただし、第3の目は痕跡として額に残るのみである。先祖の財宝のありかを記した青銅球の謎を解くため写楽保介を誘拐する。

登場人物・キャラクター

額に第3の目をもつ古代人、三つ目族の生き残り。IQは7~800という知能を持つが、三つ目を絆創膏で隠していると、三つ目族の能力も闘争心もなくなり、学力は小学校1年生程度、やることは幼稚園なみとなる。養...

関連キーワード

『三つ目がとおる』に登場する種族。遙か昔に呪術と超自然力と魔法で高い文明を築いた種族。戦いを繰り返し、海や山を汚し自らの文明に毒されて滅んでしまった。

登場作品

額に第3の目をもつ少年写楽保介は、はるか昔に滅んだ古代人、三つ目族の生き残りであった。絆創膏で額の目を隠している間は幼稚園児なみの無邪気な少年だが、絆創膏をはがしたとたん、三つ目族の能力を発揮する。彼...