サイミア

サイミア

クジラの子らは砂上に歌う(漫画)の用語。

登場作品
クジラの子らは砂上に歌う(漫画)
正式名称
サイミア
関連商品
Amazon 楽天

概要

器物などを動かすことのできる念動力のようなもので、感情をその発動源とする。また、サイミアの使用者の体表には「念紋(アウラ)」と呼ばれる光る紋様が現れ、頭上にも同じ模様が浮かび上がる。この模様が現れる面積が大きいほどサイミアの能力が高いと言われている。砂の海の漂泊船・泥クジラにおいては、約9割の住民がサイミアの能力者であり、彼らは「印(しるし)」と呼ばれ、残りの民が「無印(むいん)」と呼ばれている。

サイミア」とは感情を示す言葉であり、この力を感情の赴くまま用いることは泥クジラの社会においてタブーとされている。また、泥クジラの内部には「体内エリア」と呼ばれる区域があり、そこではなぜかサイミアが発動しない。

そのため、体内エリアは規則違反を犯した印を投獄する場所になっている。

登場作品

クジラの子らは砂上に歌う

果てのない砂がすべてを覆い尽くす、砂の海を漂う巨船、泥クジラ。その記録係の少年・チャクロは、漂着した廃墟船の偵察隊に選ばれ、そこで「泥クジラの外の世界」から来た少女と出会う。連合帝国の感情なき兵士「ア... 関連ページ:クジラの子らは砂上に歌う

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

登場作品
クジラの子らは砂上に歌う
logo