サブロウの両親

サブロウの両親

イナズマン(漫画)の登場人物。風田サブロウとは親族関係にある。

登場作品
イナズマン(漫画)
正式名称
サブロウの両親
関連商品
Amazon 楽天

概要

風田サブロウの育ての親。鮮魚店を営んでいる。捨て子だったサブロウを拾って育てた。後にサブロウは自分が捨て子だったことを知るが、最後までそのことを知らないフリをした。新人類帝国が仕掛けた爆弾でふたりとも死亡してしまう。

関連人物・キャラクター

風田サブロウ

鮮魚店の息子で中学生。超能力を無意識に使っていたため、ケンカや勉強では常に一番だった。リオンの導きで自分が超能力者であることを知り、イナズマンとして覚醒する。テレパシー、テレポーテーション、サイコキネ... 関連ページ:風田サブロウ

登場作品

イナズマン

中学生風田サブロウの前に謎の外国人の少女リオンが現れた。彼女の導きで、サブロウは自分が超能力者であることを自覚し、異形の超人イナズマンに変身することを体得する。サブロウは正義の超能力集団少年同盟に加盟... 関連ページ:イナズマン

SHARE
EC
Amazon
logo