サム・ヒューストン

地球へ…(漫画)の登場人物。

  • サム・ヒューストン
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
地球へ…(漫画)
正式名称
サム・ヒューストン

総合スレッド

サム・ヒューストン(地球へ…)の総合スレッド
2016.01.25 12:40

概要

ジョミー・マーキス・シンの幼なじみで、アタラクシアではガキ大将だった。ステーションではキース・アニアンの親友。ジョミー・マーキス・シンを思い出したことで記憶を消され、そのショックで幼児退行を起こした。

登場人物・キャラクター

宇宙ステーションE-1077 在住。ステーション高い知能を持ち、最高機密機関の一端に配属されるメンバーズ・エリートに選出された。ジョミー・マーキス・シンの最大のライバルで、ミュウの前に立ちはだかる。フ...
育英都市アタラクシア出身で、潜在的に能力を持つミュウ。過去の記憶を消し洗脳する成人検査の最中にミュウたちに助けられ、新しい長ソルジャー・シンとなる。その強いESP能力で仲間たちを率いて、コンピュータが...

関連キーワード

『地球へ…』の舞台のひとつ。目覚めの日を迎える子供たちを育てるための育英都市で、主人公ジョミー・マーキス・シンが14歳になるまで両親と暮らしていた。都市のはずれにある山を超えた向こう側に行くことは禁止...

登場作品

地球を死の星へと変えてしまった人類は宇宙に移住を始めた。地球(テラ)を守るため、コンピュータによる徹底した生命管理が行われており、子どもは試験管から産まれ、血縁のない両親に育てられる。14歳になると成...