サム・雷田

サム・雷田

愛と青春の百大隊(漫画)の登場人物。読みは「さむ・らいだ」。

登場作品
愛と青春の百大隊(漫画)
正式名称
サム・雷田
ふりがな
さむ・らいだ
関連商品
Amazon 楽天

概要

スタート時の階級は二等軍曹で、作中で少尉へと昇格、ハワイ訓練所時代の白人教官を部下にする。参謀第2部の情報担当。ハイスクール時代は1年3組で、モトクロスが得意。開戦時に密輸屋としてイタリア系マフィアの片目のバッタの縄張りを荒らし捕らえられていた所を、間一髪ガマ達第100大隊の有志に救われ、追っ手を逃れ入隊する。

頬の傷はこの時用心棒に斬り付けられたもの。生き残る事への執念が強く、目的を達するまでは死ねないというチャーリー一の瀬には、その目的を果たした後も今日を精一杯生き続けろと訴えた。また他人に何を言われても気にせず、死んでヒーローになるよりも生きて教室に戻れと毒づいているが、熊川には、その仲間への言葉は自分に言い聞かせているようだと見抜かれている。

密輸屋の経験から、物を隠したり奇抜な作戦を立てる事に優れている。お坊ちゃんのマイケル佐藤に比べて割り切って物事を考えるタイプだが、嫌いな上官を敵の手に掛け仲間の敵を討つといった熱い部分も持っている。祖国は日本だと思っている。

登場作品

愛と青春の百大隊

第二次世界大戦中のヨーロッパで、ドイツ軍の進攻を食い止めるために、アメリカ陸軍の日系二世で編成された442部隊の中で、ハワイ出身者による特別隊・第100大隊としてマイケル佐藤軍曹をはじめ、サム・雷田軍... 関連ページ:愛と青春の百大隊

SHARE
EC
Amazon
logo