サリ・アルヌワンダ

サリ・アルヌワンダ

天は赤い河のほとり(漫画)の登場人物。

登場作品
天は赤い河のほとり(漫画)
正式名称
サリ・アルヌワンダ
ふりがな
さりあるぬわんだ
関連商品
Amazon 楽天

概要

ヒッタイト帝国の皇太子で、タドゥケパ皇妃の息子。病弱で帝位継承に不適格と言われてきた。だがシュッピルリウマ1世の病没により即位、アルヌワンダ2世となる。正妃と5人の側室がいるが、子供はいない。異母弟のカイル・ムルシリに信頼を置く人格者であり、ユーリにも妃の心得をアドバイスした。

即位から間もなくウルヒ・シャルマにナイフで暗殺され、ユーリにその濡れ衣が着せられる。同時代の実在の人物・アルヌワンダ2世がモデルになっている。

登場作品

天は赤い河のほとり

女子中学生・鈴木夕梨はある日、水たまりから現れた謎の手に捕まって姿を消す。夕梨がやってきたのは紀元前14世紀のヒッタイト帝国。ナキア皇妃が呪いの生け贄とするため、夕梨を魔力で引き寄せたのだった。夕梨は... 関連ページ:天は赤い河のほとり

SHARE
EC
Amazon
logo