サンダー・マックイイーン

サンダー・マックイイーン

ジョジョの奇妙な冒険 Part 6 ストーンオーシャン(漫画)の登場人物。エルメェス・コステロとはライバル関係。

概要

エルメェス・コステロの遭遇したスタンド使いの男囚。自殺願望が異常に強い。本人に攻撃の意志は無いが、関心を持った相手を自殺の道連れにするスタンド「ハイウェイ・トゥ・ヘル」を発動させる。不運が重なって投獄されてはいるものの、基本的には極めて自己中心的な性格。

その邪悪な素質をエンリコ・プッチに見抜かれて、適合するスタンドを与えられている。エルメェス・コステロを幾度も自殺に巻き込もうとしたが、彼女のスタンド「キッス」によって頭部に衝撃を受け、スタンドが無力化。脅威が去ったため、その後は放置されている。

関連人物・キャラクター

エルメェス・コステロ

空条徐倫と共に留置所へ送られ、その後グリーン・ドルフィン・ストリート刑務所に収監された女囚。収監後にスタンド使いとなり、空条徐倫と行動を共にする。発現したスタンド「キッス」は、シールのようなものを貼る... 関連ページ:エルメェス・コステロ

関連キーワード

グリーン・ドルフィン・ストリート刑務所

『ジョジョの奇妙な冒険 Part 6 ストーンオーシャン』の舞台となる施設。正式名称は州立グリーン・ドルフィン・ストリート重警備刑務所。フロリダ州マイアミのとある島全体が敷地となっている。「水族館」の... 関連ページ:グリーン・ドルフィン・ストリート刑務所

登場作品

ジョジョの奇妙な冒険 Part 6 ストーンオーシャン

舞台となるのは2011年、グリーン・ドルフィン・ストリート刑務所。ボーイフレンドのロメオ・ジッソとその弁護士によって無実の罪を着せられた空条徐倫は、15年の長期刑が確定してしまう。しかし、それはすべて... 関連ページ:ジョジョの奇妙な冒険 Part 6 ストーンオーシャン

SHARE
EC
Amazon
logo