サン・ジュスト

静粛に、天才只今勉強中!(漫画)の登場人物。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
静粛に、天才只今勉強中!(漫画)
正式名称
サン・ジュスト
ふりがな
さんじゅすと

総合スレッド

サン・ジュスト(静粛に、天才只今勉強中!)の総合スレッド
2016.01.25 12:41

概要

マクシミリアン・ド・ロベスピエールの右腕的存在。25歳にして国民公会議員に当選した美貌の政治家。国王ルイ16世の裁判で処女演説を行い、その死刑を決定づけた。ジョゼフ・コティの日和見ぶりを怪しみ、国王ルイ16世の死刑に立ち会う任務を与え、その動向を確認しようとした。

後にはコティをリヨンの派遣議員に推薦し、リヨンでの虐殺を遂行させた。その後テルミドールのクーデターでロベスピエールと共に失脚しギロチンで処刑される。フランス革命期の政治家サン・ジュストをモデルとする。

登場人物・キャラクター

史上初のテロリスト。登場時はアラスの敏腕弁護士。アラス・アカデミーでジョゼフ・コティと友人となる。フランス三部会開催に伴い弁護士組合の代表として選出される。その後フランス革命が起こりジャコバン派の一員...
「リヨンの虐殺者」、「サンクールの風見鶏」の異名を持つ政治家。18世紀後半フランスに生まれる。修道院で少年たちに物理を教えるユニークな教師だったが、フランス革命が起こると教師を辞任し、故郷のナントで議...

登場作品

18世紀後半のフランス。修道院で物理学の教師だったジョゼフ・コティは、フランス革命に乗じて議員となりパリの政界に身を投じた。常に多数派につくことを信条とする日和見主義者のコティは、マクシミリアン・ド・...