シェル・セプティノス

シェル・セプティノス

マルドゥック・スクランブル(漫画)の登場人物。別称、シェル。ルーン=バロットとはライバル関係。

登場作品
マルドゥック・スクランブル(漫画)
正式名称
シェル・セプティノス
別称
シェル
関連商品
Amazon 楽天

概要

マルドゥック市のオクトーバー社でカジノを取り仕切り、同時に資金洗浄を行っている。少女娼婦だったルーン・バロットを拾い、彼女に居場所を与えていた。バロットシェルを慕うようになった所、彼女を資金洗浄のために殺害しようとする。数多くの人物を殺してきているが、A10手術の脳障害で、殺すたびに記憶が消えてしまい、「汚いものは無かったこと」になる後遺症を持っている。

バロットが生きていたことを知り、捜査官でありウフコックと因縁のあるボイルドを雇い、バロット抹殺を狙う。

関連人物・キャラクター

オクタヴィア

カジノにも出入りしていたオクトーバー社の令嬢の幼い少女。父親に犯されていた過去がある。シェルがオクトーバー社とつながりを持つために結婚を宣言。ところが彼女がシェルが服用していた多幸剤を捨てたのを見て、... 関連ページ:オクタヴィア

ルーン=バロット

元少女娼婦。居場所を与えてくれたシェル・セプティノスを信頼していたが、突如裏切られて、命を落としかける。生命の保護などに限って、禁止された科学技術使用を許可する「マルドゥック・スクランブル-09法」で... 関連ページ:ルーン=バロット

登場作品

マルドゥック・スクランブル

元少女娼婦のバロットは、シェル・セプティノスに拾われ生活していた。しかしある日突然彼女は資金洗浄のため、シェルに殺されかけてしまう。彼女を助けたのは委任事件担当官ドクター・イースターと、自分の体を自由... 関連ページ:マルドゥック・スクランブル

SHARE
EC
Amazon
logo