シボ

シボ

BLAME!(漫画)の登場人物。

登場作品
BLAME!(漫画)
正式名称
シボ
関連商品
Amazon 楽天

概要

元・生電社主任科学者。女性。生電社により磔の半死状態にされていたが、霧亥によって新しい体を手に入れた。以後、行動をともにするように。人格をデータ化し、人間だけでなくセーフガードなどの体にも乗り移ることが可能。サナカン、別の世界線からやってきて死んだシボなどの体を転々とした。

最後はレベル9の最上位セーフガードユニットと同化した後、球体を残して破壊される。ネット端末遺伝子を持つセウの遺伝情報をメンサーブから受け取った後、自分に転写していた。

関連人物・キャラクター

霧亥

ネット端末遺伝子の探索者。統治局の代理構成体によれば「セーフガード以前のシステムの密使」。人間だが身体を改造しており、知覚、再生能力などが強化されている。極端に無口かつ無表情。セーフガードだけが使える... 関連ページ:霧亥

関連キーワード

建設者

『BLAME!』に登場する機械。大小さまざまなロボットの形をしており、制御を失ってひたすら都市を増殖させている。霧亥は建設者の意思を知ることができ、シボはさらにその能力を借りて建設者を操れるようになった。

生電社

『BLAME!』に登場する組織。廃棄階層にある。移植用に乾人と呼ばれる種族の身体を買いつけている。シボがかつて主任科学者と呼ばれるポストにあり、ネットスフィアとの通信を試みる実験などを行っていた。人々に奴隷労働を強いており、反乱勢力も潜んでいる。

超構造体

『BLAME!』に登場する巨大な構造体。厚さが最大で27km。内部に都市を収容する。垂直に果てしなく連なっており、各超構造体は階層と呼ばれる。霧亥は3000を超える階層を旅してきたが、全貌は不明。都市... 関連ページ:超構造体

登場作品

BLAME!

階層化された巨大な都市が無数に連なる世界。秩序が崩壊して自律機械による殺戮が繰り広げられるなか、霧亥は世界の機能を取り戻すため戦い続ける。作者弐瓶勉の連載デビュー作。読者の指が「黒く染まる」と言われる... 関連ページ:BLAME!

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

関連人物・キャラクター
霧亥
ドモチェフスキー
logo