シマケン

シマケン

聖-天才・羽生が恐れた男(漫画)に登場する実在の組織。

概要

プロ棋士島朗が立ち上げた将棋の研究会。メンバーは年下の世代の羽生善治、佐藤康光、森内俊之。上記の三人や関西で活躍する村山聖ら新鋭たちが将棋界を変えると感じた島朗が、旧弊な不文律や上下関係が横行する将棋界にとらわれずに、純粋に将棋そのものを論理的に突き詰めてゆくために結成した。

当時は珍しかったパソコンを導入して合理的な分析・研究を重ね、後の世代に大きな影響を与えた。

登場作品

聖-天才・羽生が恐れた男

広島出身の少年・村山聖は、5歳のころに重い腎臓病にかかり、入院中心の生活を送らざるを得なくなっていた。不自由な自分の境遇に落ち込む聖だったが、自分が心底から熱中できる「将棋」に出会う。自らの命の限界を... 関連ページ:聖-天才・羽生が恐れた男

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

登場作品
logo