シャルル・オクレール

のだめカンタービレ フィナーレ(テレビアニメ)の登場人物。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
のだめカンタービレ フィナーレ(テレビアニメ)
正式名称
シャルル・オクレール
ふりがな
しゃるるおくれーる

総合スレッド

シャルル・オクレール(のだめカンタービレ フィナーレ)の総合スレッド
2016.01.25 12:32

概要

フランス人のピアニストで、のだめが出場したコンクールの審査員であった彼はのだめの才能を見出しパリ留学を勧めた。そのためか、パリでののだめの指導者となる。ふっくらとした体格の初老の男性で、のだめからは「マスター・ヨーダ」と呼ばれる。

のだめの音楽が未熟なときには「べーべちゃん(赤ちゃん)」と呼び、「君はここに何しに来たの?」と問いかけ、学生の進むべき舵を取る、優秀な指導者である。

数々の試練の後、彼女を熟練したプロと認めた時に初めて「メグミ」と名前を呼んでいる。

登場人物・キャラクター

桃ヶ丘音楽大学ピアノ科2年生の女子。楽譜を読むことは苦手だが、一度聞けば弾けるようになるという才能豊かなピアノ奏者。千秋真一と出会った当初に一目惚れをし、以来、事あるごとにつきまとっている。音大生とし...

登場作品

フランスのコンセルヴァトワールでピアノの勉強に励むのだめこと野田恵は、教えを受けるシャルル・オクレールにコンクールに出たいと願い出るも受け入れてもらえず、不満を抱えながら日々を過ごしていた。一方、問題...