シュッピルリウマ1世

シュッピルリウマ1世

天は赤い河のほとり(漫画)の登場人物。読みは「しゅっぴるりうまいっせい」。

登場作品
天は赤い河のほとり(漫画)
正式名称
シュッピルリウマ1世
ふりがな
しゅっぴるりうまいっせい
関連商品
Amazon 楽天

概要

ヒッタイト帝国の皇帝で、カイル・ムルシリら皇子たちの父親。勇将であり、ヒッタイトをオリエントの一等国にのし上げた。ザナンザ・ハットゥシリの死後、七日熱と呼ばれる伝染性の熱病を患って死亡する。同時代の実在の人物・シュッピルリウマ1世がモデルになっている。

登場作品

天は赤い河のほとり

女子中学生・鈴木夕梨はある日、水たまりから現れた謎の手に捕まって姿を消す。夕梨がやってきたのは紀元前14世紀のヒッタイト帝国。ナキア皇妃が呪いの生け贄とするため、夕梨を魔力で引き寄せたのだった。夕梨は... 関連ページ:天は赤い河のほとり

SHARE
EC
Amazon
logo