シュワルツ青鬼

シュワルツ青鬼

バラの戦士(漫画)の登場人物。読みは「しゅわるつあおき」。

登場作品
バラの戦士(漫画)
正式名称
シュワルツ青鬼
ふりがな
しゅわるつあおき
関連商品
Amazon 楽天

概要

空コンツェルンの情報部長で、竜山専務がCIAから引き抜いた切れ者の調査員。紅五郎刑事の捜査能力を評価し、表向きは警察に協力する姿勢を取るが、ゲリラ追及に手ぬるい警察のやり方には納得できず、拷問もいとわないという考えの持ち主。用心深く銃を所持し、九頭竜の四馬ですら不審に感じなかった紅部長の従順すぎる態度や、行き先や目的の違う紅航空社員達の同時期の国外脱出を怪しむ。

竜山専務の期待に応えるため、疑わしい者は消せのモットー通り、搭乗したフェリーや旅客機ごと事故に見せかけて始末しようとした。旅客機がハイジャックに遭い、事故を引き起こす事に失敗すると、ハイジャック犯を買収し4人の紅航空社員を殺すように依頼した。

登場作品

バラの戦士

ライバル会社・空コンツェルンの謀略により父が経営していた紅航空を乗っ取られた上に、会長の息子・空大二郎には妹のタマキを殺害された高校生の紅将平。おじで詐欺師の紅権介や空コンツェルンへと移り屈辱的な扱い... 関連ページ:バラの戦士

SHARE
EC
Amazon
logo