シュヴァルツェス・トーア(糸操り人形)

シュヴァルツェス・トーア(糸操り人形)

からくりサーカス(漫画)、しろがねのシュヴァルツェス・トーアの糸操り人形。

登場作品
からくりサーカス(漫画)
正式名称
シュヴァルツェス・トーア(糸操り人形)
フリガナ
シュヴァルツェストーアイトクリニンギョウ
関連商品
Amazon 楽天

概要

「黒き門」という意味で、本人と糸操り人形が同じ名前をしている。西洋甲冑のようなデザインで、両肩に大型の盾を持ち、それを門として用いる戦闘スタイル。盾を使って壁を作る「閉門」、背中の円形のユニット「死の門(トーデス・トーア)」を回転させて攻撃する「開門」を使い分けて攻防する。

「しろがね」と自動人形(オートマータ)との総力戦であるサハラ戦の「フランシーヌ人形の間」での戦いで、「最古の四人」の1体・パンタローネにより破壊された。

登場作品

からくりサーカス

拳法の達人である加藤鳴海と、莫大な財産を相続したため親族に命を狙われるようになった才賀勝、そして「しろがね」を名乗るエレオノールという女性を中心にした、人類と、人類に仇なす自動人形との戦いを描いたファ... 関連ページ:からくりサーカス

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

登場作品
からくりサーカス
logo